Project Description

アニメーション映画『セロ弾きのゴーシュ』(1982)は、宮沢賢治の同名原作を、監督に『アルプスの少女ハイジ』『火垂るの墓』『かぐや姫の物語』など数々の名作を作り続けてきた高畑勲、作画に『未来少年コナン』『じゃりン子チエ』など高畑勲・宮崎駿作品を支えてきた才田俊次、美術に『劇場版銀河鉄道999』など日本のアニメ美術第一人者、椋尾篁の3人が、6年もの歳月をかけて作り上げた不朽の名作です。

そんな『セロ弾きのゴーシュ』の現存する素材や資料を、マルチタッチブックの機能を最大限に活かし、資料集としてまとめました。日本のアニメーション作品関連のマルチタッチブックは本作が世界初となります。またアニメーション作画をパラパラマンガのように見ることができる独自機能「タップメーション」を使って、『ゴーシュ』の現存する貴重な原画・動画を実際に操作してみることができます。

貴重な資料を多数掲載

・高畑勲監督の博学あふれるエッセイ集。
・愛らしいイラストや美しい美術ボードなど、現存する画のすべて。
・当時オープロが自主発行していた小冊子「カッコー通信」を全号完全収録。
・メインスタッフが全員揃った貴重な座談会の完全版を収録。

Get it on Apple Books