Home/投稿/News/「セロ弾きのゴーシュ資料集」第1回「The iBooks Author Conference Awards」で2部門受賞

「セロ弾きのゴーシュ資料集」第1回「The iBooks Author Conference Awards」で2部門受賞

このたび、株式会社ワンビリングがiBooksにて発売しております、電子書籍「セロ弾きのゴーシュ資料集」が、米国テネシー州ナッシュビルで8日から開催中の第1回となるiBooks Author Conference 2015で発表された「The iBooks Author Conference Awards (iBAs 2015)」にて、「最優秀iBooks表紙Best iBook Cover of the Year」と「最優秀フィクション部門Best Fiction (Overall)」の2部門を受賞しました。

さらに弊社代表 藤田健次(フジタケンジ)が「最優秀役員賞iBooks Author Executive of the Year」を受賞したことをお知らせします。

各賞に関しては以下のページをご覧ください。

iBooks Author Conference 2015

Apple社(本社:米国カリフォルニア州)がMac OS Xユーザー向けに無償配布しているインタラクティブ電子書籍・電子教科書オーサリングソフト「iBooks Author」を対象とした、今年第1回となるユーザー主催のカンファレンスです。

iBooks Author Conference Award 2015 (iBAs 2015)

2014年12月19日〜2015年6月1日までサイト上でファン投票が行われ、ノミネート作品から選考委員会により各最優秀賞が選定され10月8日に発表されました。

弊社はこのiBAsに日本から唯一、21部門中計11部門でノミネートされました。

セロ弾きのゴーシュ資料集


アニメ映画「セロ弾きのゴーシュ」(1982)は、宮沢賢治の同名原作を、監督に「アルプスの少女ハイジ」や「かぐや姫の物語」など数々の名作を作り続けている高畑勲、作画には「未来少年コナン」「じゃりン子チエ」など高畑勲・宮崎駿作品を支えてきた才田俊次、美術には「劇場版 銀河鉄道999」など日本のアニメ美術第一人者、椋尾篁の3人が、6年もの歳月をかけて作り上げた不朽の名作です。

そんな作品の多彩な魅力を、マルチタッチブックの機能を最大限に活かして堪能できる電子書籍版オリジナル・ムックとして制作しました。
日本のアニメーション作品で、iBooksAuthorによる関連作品は本作が世界初となります。

★貴重な資料を多数掲載
・高畑勲監督の博学あふれるエッセイ集。
・愛らしいイラストや美しい美術ボードなど、現存する絵の数々。
・当時オープロが自主発行していた小冊子「カッコー通信」を全号掲載。

★アニメ作画を体感できる独自機能「Tapmation」搭載
アニメ作画をパラパラマンガのように見ることができる「Tapmation」を使って、「ゴーシュ」の現存する貴重な原画・動画を実際に操作することができます。
※原画・動画は本邦初公開です。

Gauche_Pic03_tapmation

2017-01-18T22:56:15+00:00 2015.10.10|News|